スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手話言語法について

全通研支部 各位

いつもお世話になっております。
昨日ご案内しました手話言語法フォーラムについて、補足でご連絡いたします。

手話言語法については、日本財団の支援の下で、
全日ろう連が主体となり検討組織を設けて検討しています(http://www.jfd.or.jp/category/sgh)。

全通研はこの組織の主旨に賛同しており、市川会長と伊藤事務局長が参加しています。



手話言語法案そのものは同組織で検討しているところであり
フォーラムで概要案は公表されます。
フォーラムは、概要案に対する国民の意見を求めることを、目的の一つとしています。


全通研は、情報・コミュニケーション法は、障害者の情報アクセスとコミュニケーションについての
制度的保障を求めるものであり
手話言語法は、手話(言語)の制度的保障を求めるもの、ととらえています。
両者は矛盾するものではありません。

手話言語法の検討組織からまとまった報告(例:手話言語法案)が出ていない現状では、

全通研(理事会)としての見解はできておりませんが
上記の趣旨からフォーラムについて協力しております。


なお、今後の開催日程を参考にお知らせしておきます。
12月10日(土)13:30~ 港区ひゅーまんプラザ(東京都)
1月8日(日)13:00~18:00 福岡市少年科学文化会館(福岡県)
1月14日(土)13:30~16:30 ウィル愛知(愛知県)
2月19日(日)13:30~ さいたま市民会館おおみや 小ホール(埼玉県)

よろしくお願いいたします。

一般社団法人全国手話通訳問題研究会
スポンサーサイト

テーマ : 聴覚障害者
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

栃木県手話通訳問題研究会

Author:栃木県手話通訳問題研究会
 栃通研は、手話に関心を持つ仲間が集まって、1989年に結成されました。全通研の栃木支部としても機能しています。栃通研は、栃木県聴覚障害者協会や手話サークルと協力しあって聴覚障害者の福祉向上を目指し、多くの仲間と共に学習・研究活動に取り組んでいます。

【栃通研情報】
■全通研
■栃通研について
■地域班活動
 ▼おやま地域班
 ▼栃木地域班
 ▼那須地域班
 ▼宇都宮地域班
 ▼足利・佐野地域班

問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。