FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第25回関東手話通訳問題研究討論集会in千葉のお知らせ

第25回関東手話通訳問題研究討論集会in千葉

私たちには今、聴覚障害を深く理解し、幅広い知識を持って活動に取り組む事が求められています。その学習の機会の一環として、第25回関東手話通訳問題研究討論集会を今年度は千葉で行います。
一人でも多くの方にご参加いただき、貴重な学習の機会にしていただくと共に、仲間作りの場として、楽しんでください。精一杯のおもてなしでお待ちしております。

【と き】2011年11月12日(土)~13日(日)
【ところ】(メイン会場)千葉聴覚障害者センター(第1~5分科会)www.deaf.or.jp/cdf/
※受付は、メイン会場で行います。
     (サブ会場) らいおん工房(就労支援B型・第6~7分科会)
らいおん千葉(地域活動支援センター・第8分科会)
(情報交換会)ホテルプラザ菜の花
【日 程】
11月12日(土) 11月13日(日)
12:00~13:00 受付 ~9:00 各自準備・会場移動
13:00~17:00 分科会 9:00~11:15 分科会
18:30~20:30 夕食・情報交換会 11:30~12:00 全体会
                      ※全体会会場はメイン会場3F多目的室
【会費等】集会参加費  1,500円
     情報交換会  6,000円
【申し込み締切】 2011年10月 7日(金) 各支部必着
         2011年10月14日(金) 千葉支部必着
【宿 泊】会場近くのホテルです。お手数ですが、各自で手配をお願いいたします。
●ホテルルートイン 千葉 
 千葉市中央区本千葉町8-18 TEL:043-201-1160 FAX:043-201-1140
●京成ホテルミラマーレ
 千葉市中央区本千葉町15-1 TEL:043-222-2111 FAX:043-222-3510
●ホテルプラザ菜の花(情報交換会場と同じ場所です)
 千葉市中央区長洲1-8-1 TEL:043-222-8271 FAX:043-227-4649
【分科会】 別紙ご参照下さい。
【その他】 駐車場の数が限られています。出来るだけ公共交通機関をご利用下さい。お車の場合、会場近くの有料駐車場をご利用いただくことになってしまいます。宿泊の方はホテルの駐車場をご利用下さい。


第25回関東手話通訳問題研究討論集会 分科会(2011年11月12日~13日)


第1 手話通訳
制度
1 使いやすい制度とは?
2 今の制度で守られている権利は?
  守られていない権利は?
3 地元の制度は、どうなっているの?
千葉聴覚障害者センター2F「会議室」

第2 手話の収集と創造
1 手話表現の世代間での違い
  自分自身が体験した世代間の違いを出しあい検証を行う
2 収集した手話の保存方法や利用方法
  それぞれの地域で収録したテープ等の保存や利用方法について情報交換する。
 *できれば各地で収録されたDVD等を持参ください。
千葉聴覚障害者センター2F「憩い・学ぶの部屋」(畳)

第3 手話通訳者の専門性と労働条件
1 労働としての手話通訳(身分保障の状況を確認)
2 手話通訳者の専門性(通訳のあり方)
3 コーディネートの業務と役割
4 研修会の開催
→それぞれについて、参加者の方の考えを整理してみましょう
  理論の到達点(「手話通訳の理論と実践」など)と現状について、相違があるか考えてみましょう。
千葉聴覚障害者センター3F「多目的室」

第4 手話講習会のあり方
1 テキストと教材について。
2 指導者の役割について。
千葉聴覚障害者センター3F「研修兼会議室」

第5 聴覚障害者の医療と手話通訳活動
1 医療班の必要性・啓蒙活動
・各支部で取り組んでいることを紹介し合い、今後の活動に生かす。
・リーフレットやDVD等、啓蒙活動の成果を発表して頂き、他県、全国へPRする。
2 医療現場におけるコミュニケーション保障
・聴覚障がい者の要望に対する対応や、医療関係者の取り組みを紹介。
・各県の状況を報告頂き、地元の医療機関へのアプローチを考えて頂く。
3 災害時の医療対応・ネットワークの構築
・これまで、災害時の医療対応、ネットワークについて、討議してきたが、今回の震災で生かせたか。
・今後、広域災害に対し、如何に対応すべきかを討議する。
千葉聴覚障害者センター3F「資料展示室」

第6 聴覚障害者の労働と手話通訳活動
1 域ろう協との労働問題の取り組みについて
2 手話協力員の業務内容と範囲
3 労働現場での情報保障と支援体制
らいおん工房1F

第7 手話サークル
1サークルの取り組み~災害について~
2地元ろう協との関わり
3サークル協議会等、他団体とのつながりについて
らいおん工房2F

第8 手話通訳者の健康問題
1 地域の抱えている問題や参加者の課題
 ・複数登録
 ・派遣元との関係
 ・聴覚障害者との関係
 ・通訳者同士の関係
 ・身近な医療機関
2 私たちの健康をどう守るのでしょうか。みんなで語り合いましょう。
 ・けいわん健診の現状
 ・健康に関する学習会の取り組み状況
 ・身分保障
 ・仲間づくり
 ・手話以外の趣味を持ったり手話関係以外の友人作り
らいおん千葉

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

栃木県手話通訳問題研究会

Author:栃木県手話通訳問題研究会
 栃通研は、手話に関心を持つ仲間が集まって、1989年に結成されました。全通研の栃木支部としても機能しています。栃通研は、栃木県聴覚障害者協会や手話サークルと協力しあって聴覚障害者の福祉向上を目指し、多くの仲間と共に学習・研究活動に取り組んでいます。

【栃通研情報】
■全通研
■栃通研について
■地域班活動
 ▼おやま地域班
 ▼栃木地域班
 ▼那須地域班
 ▼宇都宮地域班
 ▼足利・佐野地域班

問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。